フリーランスで働きたい理由は、「会社員だと降りかかる嫌なこと」が多いから。

ツイッターで活躍してるフリーランスの人に憧れたり、
今まで周りと合わせていた挙句本当に仕事これでよかったのかなとかたまに考えたりします。

ふと、改めて会社員ではなくフリーランスで食べて生きたい理由を考えるとこれがやりたい!という理由よりはこれはやりたくない!という理由が多いことに気づきました。

やりたくないことを挙げてみると、

・心がねじ曲がった人達に潰されたくない
・歳老いてからリストラに怯えたくない
・明らかに効率悪い作業や習慣に付き合いたくない
・態度や言い方の悪い人によって、嫌な気分にされたくない

これがサラリーマンとして働く上でやりたくないことです。
改めてみるとどこにでもあることですね。
積み重ねたり努力することは嫌いじゃないのですが、苦痛に感じるのは嫌なんです…

先ほどあげた嫌なこと一つずつ説明します。

・心がねじ曲がった人達に潰されたくない

会社の中には、価値観や人生観が曲がりすぎて関わる人を潰してしまう人がいたりします。

しかも、そんな人は環境から生み出されるケースが多いので、人を潰す人が1人いたらその周囲には2-3人同じような関わった人を潰す人がいます。
(こう表現するとゴキブリみたいでこわすぎる…)

基本的には社会人生活でこういった人達に関わる確率は少ないのですが、関わってしまうと本当にキケンです。社会人である場合、関わる人を選べないのでよほど心が強い人でないと潰されてしまうことがほとんど。

フリーランス(自分が憧れている人など)を見てみると、仕事を選んだり・一緒に働く人を選べることに幸せを感じていたりします。
共に働く人を選びやすいのは自分を守りやすいことでもあるので、やっぱりフリーランス憧れちゃいます。

・歳老いてからリストラに怯えたくない

昨今、大企業であっても早期退職を会社から求められることも多いです。

会社を辞めても別の手段で同じくらい稼げるぜー!って人は困らないのですが、市場から評価されるスキルが身につかない仕事だと、市場価値が上がらない状態で年を重ねてしまう始末。

40代後半や、50代になって会社からいつ辞めさせられるか、不安になりながら働くのはとても辛いだろうなと簡単に想像できます。

フリーランスであれば、市場から直接お金を稼ぐスキルだったり、労働市場の価値を上げないと生きていけない環境です。

そんな環境で生き残れる人であれば障害現役で働いていけるのでしょう。
(フリーランスの人から見れば安定して給与がもらえる会社員はやっぱりいいなという人が多いのかもしれないですが…)

・明らかに効率悪い作業や習慣に付き合いたくない

自分の性格上、「この仕事意味あるのか?」とか、「なんでこんな効率悪い方法でこの作業しなきゃいけないんだ…」とか「この人への根回しでエネルギーも時間も取られないといけないのかよ」って感じるとすごくストレスが溜まります…!

もちろん、できる範囲で改善する努力はします。
しかし、いままでと違うやり方をしようとすると、どうしても反対する力が強いです。

その反発する力に負けずに、「この方法に変えた方が効率的ですよ!」と説明すればいいかと思うかもしれませんが、説得するエネルギーと自分が我慢するエネルギーだと自分の場合、我慢した方が楽なので大抵我慢してしまいます。

フリーランスは、自分が自由にできる範囲が大きいので「今までこうだったから」とか意味もない理由で効率が悪い方法に付き合わなくて済みます。(あくまで想像ですが…)

・態度や言い方の悪い人によって、嫌な気分にされたくない

自分の機嫌を時たま悪く見せることで人を操作しようとしたり、ひとこと不快な言葉を付け加えたりする人が社会には一定数います。

こういった人達は人を潰すほどではないのでまだマシなのですが、自分の場合こういうことをされるとその日のパフォーマンスがとても落ちてしまいます。

違う仕事をしながらも「なんであんな言い方されたんだろう」とか「あのひとこと言う必要なんであったんだろう」とか、自分だったらこんなこと絶対しないのにこの人はなんでそんなことをするんだろうと、嫌な思いをした分原因を見つけがちです。

大抵理由なんて自分になかったりするのですが、1日寝るまではリセットすることが難しいのでこういう人に関わらないのが1番だったりします。

これを書いてて気づきましたが、一緒に働く人を選べるということは、お金と同等の価値が自分にはありそうです。


もちろん、会社員の方がいいこともやっぱりあります。

・マーケッティング戦略を考えてくれる人
・確定申告をしてくれる人
・年末調整やってくれる人
・営業してくれる人
・商品をつくる人
それぞれ得意な人が分業している分、得意なことに最大限のパフォーマンスを本来は発揮できるはずです。

ただ、組織が大きくなったりすると管理したり、発注するだけの中抜き屋みたいな仕事が増えてきます。

そういう仕事をしていると市場から評価されない人材になって、このままじゃいかんと思ってしまうんじゃないでしょうか。

ないものねだりな所もあるんですが、
組織に属さなくても市場で稼ぐ力がやっぱり欲しいです。。

でんでん@denden_blog でしたー。
ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です