放課後の逆上がり

逆上がりができるようになったのは、周りと比べて比較的遅い、小学校4年生の頃だった。
体育のテストで逆上がりがあり、逆上がりがまだできなかった自分は、放課後一人で練習しいてた記憶がある。

4つ並んだ鉄棒の一番端に、孤を描くように反り返った補助板があり、鉄棒を掴みながらその板を駆けあがっては、空中でもがいていた。
補助板を駆けあがる勢いが重要ではなく、地面を蹴る力と腹筋が大切であると知らなかった自分は、ふん!と意気込んで助走をつけて練習していたかわいい子どもだった。
ちなみに、逆上がりは結局できるようになって体育のテストには合格した。

放課後まで練習したのは、テストに合格したいという理由ではなく、逆上がりに対して単純な憧れがあったんだと思う。
今現在の自分だったら、「みんなできてるから」とか、「運動できる人に思われるとか」、逆上がりができた方がいい理由をたくさんこじつけないと、放課後という自由な時間を使ってまで逆上がりの練習をしないだろうなと思うと少し寂しくなった。

ここ最近、タッチタイピング関連の記事を書いてて思ったんだけど、脅迫観念とか、生産性あがるよとか、大きな外からの力がかからないと新しいことはなかなか始めないのかもしれない。

逆上がりに限らず、アホみたいにペン回しの練習をしたり、ハイパーヨーヨーでループ・ザ・ループの練習していたあの頃。無駄なことに全力で遊んでいた自分が懐かしいし羨ましいな。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です