オンラインサロンに興味をもってからブログ書けなくなったハナシ。 ブログの方針転換①

お久しぶりです。でんでん@denden_blog です。

ここ最近、ブログを書こうと毎日考えてはいたんですが、なかなか書けないどころか変な悩み方をしてしまい最終的にはブログの方針転換をすることとなりました。笑
そこの過程を何回かにわけて書いていきたいと思います。

オンラインサロンの魅力

始まりはオンラインサロンに興味をもったことでした。

ブログ運営のノウハウを手に入れられたり、
ブログを頑張りたい人たちとの繋がりができたり、
お互いにフィードバックをもらえる機会があるオンラインサロン。ブログを始めたばかりでは非常に集めにくいPVもこの環境があれば圧倒的速度で稼ぐことができるのでしょう。

自分の頭の中では、ワクワクを感じずにはいられませんでした。
ただ、同時にどこか心の中で違和感がありました。
頭の中ではワクワクしてるのに、心には違和感が湧いている。
最初は言葉で表現すらできなかった違和感の理由も、時間がたてばその理由が明確な言葉となって形づくられました。

違和感の正体

ひとつは、あまりにも個人的な理由です。
メンバーの意識の高さや成果を自分と比べてしまいブログを書くこと自体が嫌いになってしまうのではということです。

もともと、小さい目標をかかげ、それを達成し喜ぶことで、物事を継続させるやり方をしてきました。
仲間がいることはとてつもなく励みになると思いますが、どうしても優秀なメンバーに対して熱意や取り組み方、そしてなにより結果を比べてしまうと思ったのです。

お互いがライバルかつ仲間であればこの上なく素晴らしいことですが、こと自分に関していうと、自分の評価を下げたり仲間を妬んだりマイナス面の方が大きいと思ったのです。

もうひとつの理由。これは参加されてる方からしたら反論があると思います。

それは、参加されてる方のブログが同じようなブログに見えてしまうということです。

記事の中にはとても見やすい著者の方の顔写真が入った吹き出し調のデザイン。
プロフィールには、普通の人が体験したことないような悲惨なエピソードから仰天エピソードまで書かかれてあり、また、オンラインサロンの魅力、ブログ運営のノウハウやSNSの活用方法など活発的に発信してくれています。

もちろん、個人の方々で扱うコンテンツは異なります。
ただ、ブログから伝わる根底の価値観や雰囲気というのはメンバーで似ているなと思ったのです。
同じコミュニティで同じ目標をかかげていればそのコミュニティ内での価値観や色が似てくるのも無理はないのかもしれません。

誤解してほしくないのは、コミュニティ内で影響を受けることが悪いと言っているのではありません。
むしろ参加している方の記事をみるととても前向きでいい影響を受けているようでした。
それに、自分も今なお楽しそうで羨ましくオンラインサロンメンバーの活動をみています。笑

あくまでも、個人的な意見としてブログや文章から伝わる色というのは手放すにはあまりにももったいない大切なものだと思ったのです。

こうして、自分はオンラインサロンに入らないということを決めました。

そこで、済めばよかったのですが、ふと変な疑問を思いついてしまったのです。

自分のブログの色ってなんだ??

ここからさらに悩みのはまってしまいブログを書けなくなってしまう流れとなってしまいました。笑

つづきます。
(つづきはこちら)

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です